【コードレス洗浄機】おすすめ人気製品10選!選び方のポイントは?

車メンテナンス・防犯・便利アイテム

現代社会の忙しさに対応するための革新的なテクノロジーとしてコードレス洗浄機を紹介しています。

電源コードの束縛から解放されることで、家庭や車の洗浄がより自由で効率的に行え、時間と手間を節約できると強調されています。本書ではコードレス洗浄機の利点や機能に焦点を当て、従来の洗浄機との比較を通じてその注目度を解説しています。

読者が賢明な選択をする手助けとなり、忙しい生活の中でも清潔で快適な環境を維持するための新しい可能性を提案しています。

コードレス洗浄機とは

コードレス洗浄機とは

コードレス洗浄機とは、従来の電源コードを必要とする洗浄機とは異なり、充電池を内蔵しており、コードレスで使用できる洗浄機のことを指します。

充電式のため、コンセントが近くになくても、自由自在に移動しながら家庭や車、庭などの洗浄作業を行うことができます。

また、省エネ効果があるため、環境にもやさしい洗浄方法として注目されています。コードレス洗浄機は、様々なタイプやブランドがありますが、高圧洗浄機や水洗い掃除機、バキューム式のモデルなどがあります。

コードレス洗浄機の選び方

さまざまな用途で使えるコードレス洗浄機

コードレス洗浄機を選ぶ際には、以下の点に注目すると良いでしょう。

  1. 給水方法
  2. バッテリーの種類と持続時間
  3. 重量とポータビリティ
  4. 付属品
  5. レビューと評価

給水方法

コードレス洗浄機の給水方法は、製品やモデルによって異なります。一般的には、以下のいくつかの方法が採用されていますが、具体的な手順は製品の取扱説明書を確認するか、製造元の指示に従うことが重要です。

水道接続方式

水道接続方式の洗浄機は、水道から直接給水して使用するタイプの高圧洗浄機を指します。

水道接続方式の洗浄機は、連続して使用する際に非常に便利です。以下は水道接続方式の特徴や注意点についての詳細です。

特徴

  1. 連続した使用が可能: 水道に直接接続されているため、給水タンクの残量を気にすることなく、長時間連続して使用することができます。これは、大規模な洗浄作業や長時間の作業に適しています。
  2. 便利な給水: 水道からの給水は手動で水を補充する必要がないため、作業が中断されずにスムーズに進行します。
  3. 家庭用外壁の掃除や洗車に適している: 長時間使用する必要がある家庭用外壁の掃除や洗車など、大量の水を必要とする作業に適しています。

デメリット

  1. 使用範囲が限定される: 水道接続方式は、水道に近い場所でのみ使用できます。ホースの長さや水道の位置によっては、広い範囲での使用が難しいことがあります。
  2. 小回りが利きにくい: 水道接続方式の洗浄機は、本体が水道に接続されているため、移動範囲が制限されます。小回りが利かない場合、作業効率が低下する可能性があります。

注意事項

  1. ホースの長さを確認: 水道接続方式の洗浄機を使用する場合は、ホースの長さを確認してください。必要な範囲内で動かせるかどうかを事前に確認することが重要です。
  2. 使用条件を守る: 洗浄機の取扱説明書に記載されている使用条件や制限事項を確認し、それに従って正しく使用してください。

これらの特徴やデメリットを考慮して、使用環境やニーズに合った洗浄機を選択すると良いでしょう。

タンク式

タンク式の洗浄機は、給水用のタンクに水を充填し、その水を使って洗浄作業を行うタイプの高圧洗浄機です。

タンク式の洗浄機は、水道への依存をなくし、携帯性が高い特長があります。以下は、タンク式洗浄機の特徴とデメリットについての詳細です。

特長

  1. 水道の依存がない: タンクに水を溜める方式なので、水道がない場所でも使用できます。これにより、ベランダや玄関など、水源が限られた場所での掃除が可能です。
  2. 携帯性が高い: 給水用のホースが不要なため、組み立てが簡単で、収納場所を取りにくいです。移動が容易なので、車やバイクなど家から離れた場所での使用に適しています。
  3. 外部の電源不要: タンクにためた水を使用するため、外部の電源が不要な場合があり、電源の確保が難しい場所でも利用できます。

デメリット

  1. 長時間の使用に不向き: タンクの容量に制約があり、一度に使用できる水量が限られています。大規模な洗浄作業や長時間の使用には向いていません。
  2. 給水の頻度が必要: タンクが空になると再び給水する必要があるため、広い範囲を掃除する場合には給水が頻繁に必要となります。
  3. 水量の制約: タンクの容量により、一度に使用できる水量が制限されます。大量の水を必要とする作業には向いていません。

注意事項

  1. 給水の計画: 長時間の使用を予定している場合は、給水の計画を立てておくと良いです。タンクが空になる前に給水できるように心掛けましょう。
  2. 使用条件を確認: 取扱説明書に示されている使用条件や制限事項を確認し、安全に正しく使用してください。

タンク式の洗浄機は、携帯性が高く、水道がない場所での使用に適していますが、制約があるため、予定する作業に合ったモデルを選択することが重要です。

自吸式

自吸式の洗浄機は、専用のポンプを使用して水を吸い上げ、その水を使って洗浄作業を行う高圧洗浄機の一種です。

自吸式の洗浄機は、特定の水源から水をくみ上げて使うことができるタイプで、経済的で携帯性があります。以下は、自吸式洗浄機の特徴やデメリットについての詳細です。

特長

  1. 経済的な使用: 自吸式洗浄機は、専用のポンプを使用して水をくみ上げることができます。このため、風呂の残り湯やプールなどで使った水を再利用することができ、経済的です。
  2. 水道のない場所で使用可能: 専用のポンプを使用するため、水道のない場所でも利用できます。これにより、屋外の場所や遠隔地での作業に便利です。
  3. 多様な水源の利用: バケツやタンクに溜めた水などの水源を併用することができます。これにより、柔軟かつ効果的に様々な場所の掃除に利用できます。

デメリット

  1. 専用ポンプが必要: 自吸式の洗浄機には専用のポンプが必要です。これにより収納スペースを確認する必要があります。
  2. ややかさばる: 専用のポンプや関連機器があるため、他のコンパクトな洗浄機よりもややかさばることがあります。

注意事項

  1. 水源の種類を確認: 自吸式洗浄機は様々な水源を利用できますが、使用する水源の種類や状態によっては注意が必要です。専用ポンプが効果的に水を吸い上げられるかどうかを確認しましょう。
  2. 収納スペースを確認: 専用ポンプや関連機器があるため、収納スペースを事前に確認し、適切な場所に収納できるかどうかを考慮してください。

自吸式の洗浄機は、経済的で水源に制約がある場所での利用に適していますが、ポンプの取り扱いや収納に関する事項に留意することが重要です。

バッテリーの種類と持続時間

コードレス洗浄機のバッテリーは、一般的にリチウムイオンバッテリーが使用され、持続時間は機種によって異なりますが、20分から60分程度です。バッテリーの持続時間は、バッテリー容量や使用するノズル、洗浄する表面の種類などによって影響を受けます。

一部のコードレス洗浄機には、交換可能なバッテリーや急速充電機能が備わっている場合があります。

重量とポータビリティ

コードレス洗浄機の重量とポータビリティは、機種によって異なりますが、一般的には軽量で持ち運びが容易です。重量は、バッテリーの容量や機器の材質、モーターのタイプなどによって異なり、一般的には2kgから6kg程度です。

ポータビリティは、コードレス洗浄機の最大の利点の一つであり、コードレスであるために電源やコンセントが不要であることから、屋外での使用や移動が容易です。

また、多くの機種には、車輪やハンドル、ストラップなどの付属品が付いており、持ち運びや使用時の操作性を向上させています。

ただし、ポータビリティには制限もあり、水道の蛇口やホースの長さ、ノズルの種類や長さなどによって、使用場所や距離に制限が生じる場合があります。

付属品

コードレス洗浄機には、以下のような付属品が一般的に含まれています。

  • 【高圧ノズル】 高圧水を噴射するためのノズル。一般的に、0度、15度、25度、40度のノズルが付属しています。
  • 【ホース】水源から洗浄機に水を供給するためのホースが付属しています。ホースは、長さや素材によって異なる場合があります。
  • 【バッテリー】コードレス洗浄機は、バッテリーで動作します。付属のバッテリーに加えて、予備のバッテリーが付属する場合もあります。
  • 【充電器】バッテリーを充電するための充電器が付属しています。充電器は、洗浄機の種類やバッテリーの種類によって異なる場合があります。
  • 【フィルター】水源から流れる水をろ過するフィルターが付属している場合があります。フィルターは、洗浄機の性能を維持し、長期的な使用において洗浄機を守る役割を担っています。
  • 【ブラシ】汚れを落とすためのブラシが付属している場合があります。ブラシの種類や形状は、洗浄機の用途によって異なります。

コードレス洗浄機おすすめ10選

使用用途や予算に合わせて選ぶことができます。また、機能面や使い勝手にも差があるため、自分に合った製品を選ぶことが重要です。

工進 コーシン  SJC-1820

コードレス洗浄機 工進 コーシン  SJC-1820
  1. 参考価格:15,800円
  2. バッテリー:リチウムイオン
  3. 運転時間:扇状ノズル:約13分 / 回転ノズル:約14分
  4. 充電時間:約60分
  5. 給水:水道蛇口直結又は自給可能(50℃以下)

Take-One(テイクワン)HW200

Take-One(テイクワン)HW200
  1. 参考価格:15,800円
  2. 定格流量:180L/h
  3. 充電時間:約4時間
  4. 作動時間:約20分
  5. 充電器電圧:100-240V 50/60Hz 0.5A

BEAUTITEC KB007 オレンジ

コードレス洗浄機 BEAUTITEC  KB007 オレンジ
  1. 参考価格:21,780円
  2. 最大許容圧力(MPa):2.2MPa
  3. 最大吐出水量(L/h):3L/min
  4. 高圧ホースの長さ(m):6m

Baseus h10_010

コードレス洗浄機Baseus h10_010
  1. 参考価格:16,980円
  2. 出力電力:5V/2A
  3. 吐出水圧:0.7mpa
  4. 吐出水量:1.2L/分
  5. 稼働時間:30分以上
  6. 充電時間:4~5時間

wjgj-126

コードレス洗浄機wjgj-126
  1. 参考価格:10,860円
  2. 本機重量:960g
  3. 常用吐出圧力:28bar/2.8Mpa
  4. 最大吐出圧力:30bar/3Mpa
  5. 吐出水量:3.8L/min
  6. 高圧ホース:5m

ボッシュ FONTUS218

コードレス洗浄機ボッシュ FONTUS218
  1. 参考価格:32,580円
  2. 最大許容圧力:2.0MPa
  3. 定格電圧:DC18V(充電式専用リチウムイオンバッテリー)
  4. 最大水圧:2.0 Bar
  5. タンク容量:15L(内臓式)
  6. 作業量:連続作業時間最大45分(弱モード・2.5Ahバッテリー使用時)
  7. ホース長:4m
  8. 充電時間:約40分(空→80%充電)約60分(空→フル充電)

BEAUTITEC KB007 ホワイト

ビューティテック ホワイト KB007/WHT
  1. 参考価格:22,000円
  2. 3L/min大流量
  3. 2.2MPa高水圧
  4. 充電時間:2.5時間
  5. 電源:AC100V~120V 50/60Hz
  6. 給水ホース長さ:6m

YARD FORCE コードレス18V

コードレス洗浄機YARD FORCE コードレス18V
  1. 参考価格:19,580円
  2. 電源:リチウムイオン充電池(コンセント充電式)
  3. 連続使用時間(フル充電時):約10~15分
  4. 充電時間:約1.5時間
  5. 水圧:最大約2.2MPa
  6. 最大吐出水量(1時間あたり):約160リットル
  7. 重量:約1.8kg

 ビューティテックKB007/ORG オレンジ

 ビューティテック
  1. 参考価格:21,780円
  2. 吸水ホース長:約4.5m
  3. 吐出圧力:3.0MPa(30bar)
  4. 常用吐出圧力:28bar/2.8Mpa
  5. 最大吐出圧力:36bar/3.6Mpa
  6. 連続使用時間:約60分

京セラ KPW1800

京セラ  KPW1800
  1. 参考価格:26,180円
  2. 吸水ホース長:約5m
  3. 吐出圧力:1.8L/min
  4. 最大許容圧力:2.4MPa
  5. 充電時間:69分
  6. 電池容量:1,500mAh

最後に

コードレス洗浄機は、そのコンパクトで軽量なハンディタイプの特長により、使い勝手が非常に優れています。電源不要なので、屋外や移動中でも手軽にご利用いただけます。高圧の水流がしっかりと汚れを落とし、その優れた洗浄力により、さまざまな場面でのご活用が可能です。また、節水効果も期待でき、環境にも配慮した製品です。

ノズルの向きを調整し、汚れた箇所に的確に水流を当てることができるため、効率的な洗浄が可能です。トリガーを引くだけで簡単に操作でき、使い始めもストレスなく行えます。さらに、ノズルの交換が可能なので、異なる用途に対応することも容易です。

コードレス洗浄機は、忙しい日常のお手伝いとして、手軽で効果的な洗浄を提供します。使い勝手の良さと多彩な機能により、あらゆるニーズに対応できる製品となっています。

この記事を書いた人
てつ

➤こんにちは「てつ」と申します。
➤神奈川県在住
➤職業 運転手
長年運転手を続けているのですが、最近では交通事情や環境問題について深い関心を持つようになり、自分ができることを考えながら、日々の運転に取り組んでいます。
近年では環境問題に配慮した車両や燃料の使用も求められており、運転手は省エネやエコドライブなどの取り組みが重要です。
➤このブログでは気になった事や、さまざまな経験を元に記事を作成し紹介しています。

車メンテナンス・防犯・便利アイテム
タイトルとURLをコピーしました