マンション5階以上に住んでいるのにコバエや蚊が発生するのは何故?

お役立ち

コバエや蚊はどこからともなくマンションに侵入しますが、その発生源や侵入経路には注意が必要、高層階に住んでいたとしても油断は禁物です。

この記事では、コバエや蚊が発生する可能性があるポイントや、どのようにして侵入してくるのかに焦点を当て、注意すべき事項を探ります。

マンション5階以上でもコバエや蚊が発生する理由

コバエのマンション侵入経路

マンションの5階以上でもコバエや蚊が発生する理由にはいくつか考えられます。

  • 下階からの侵入: コバエや蚊はマンション内で下階から上階に移動することがあり、下階の住居や共用部に コバエや蚊が発生している場合、それが上階に広がる可能性があります。特に、エレベーターや階段、給排水管などの通り道を通じて、コバエや蚊が上階に侵入することがあります。
  • 植物の存在: 植物は虫の生息地として好まれます。観葉植物やベランダのプランターがある場合、その周囲には コバエや蚊が集まりやすくなります。特に、植物の土や鉢底に腐った有機物や水が溜まりやすい状況では、 コバエや蚊の発生が起こりやすくなります。
  • 食べ物や有機物の存在: コバエは腐った果物や野菜、食品などの有機物が豊富な場所に集まります。マンションの住居部分でも、キッチンやゴミ箱などに食べ物や水溜りがあれば、 蚊が発生する可能性があります。

したがって、マンションの5階以上でもコバエや蚊が発生する可能性はあります。食品や水の管理、廃棄物の処理、植物の管理、建物のメンテナンスなど、適切な対策が必要です。

コバエや蚊の移動手段

コバエや蚊は数メートルの高さしか飛べないため、高層階まで直接飛んでくることは難しいです。しかし、他の手段を通じて侵入する可能性があります。近くの木や建物の壁を伝ってきたり、人にくっついてきたり、風に乗って飛ばされてくることが考えられます。

また、高層階であっても、もしコバエや蚊がその場で繁殖してしまえば、その部屋や階においては同様の蚊の発生状況が地上や1階と似たような状態になります。

 蚊は人間の吐くCO2に引き寄せらる

蚊は人間の吐くCO2に引き寄せらる

蚊は人間の吐くCO2に引き寄せられてエレベーターに乗り込んでくることがあります。締め切った室内に蚊がいる場合、玄関や窓から人と一緒に入ってきた可能性が高いです。また、外に干した洗濯物や買ってきた植物、宅配の荷物などにくっついて侵入することも考えられます。

蚊の活動気温

蚊の活動には気温が大きく影響します。一般的に、気温が15度くらいになると蚊は活動を始め、血を吸い始め、最も活発に活動するのは気温が25度から30度の範囲です。

この温度帯では、蚊の動きが最も活発で、繁殖活動も盛んに行われます。しかし、気温が30度を超えると、逆に活動が鈍くなります。これは高温環境が蚊にとってストレスとなり、活発に動き回ることが難しくなるためです。このように、蚊の活動は気温に大きく依存しており、気温の変化によってその行動パターンが変わります。

コバエや蚊を避けるための周辺環境

虫を避けるための周辺環境

飲食店が1階に入っているマンションや、周辺に飲食店やコンビニが多い地域では、生ごみや水の取り扱いが増え、それがコバエや蚊の発生を引き起こす可能性が高まります。

物件を選ぶ際に、共用部分や管理状態に注目するのは重要なポイントです。収集所のゴミが散らかっていたり、共用部分の清掃が不十分な場合、虫の発生リスクが高まります。

新築や築年数が浅い物件を選ぶことも一つの対策となります。新しい物件は高気密化が進んでいるため、虫が侵入しにくくなっています。

コバエや蚊の進入を防ぐ効果的な対策

コバエは網戸からも侵入します。

コバエや蚊は小さな厄介な虫ですが、以下はその対策法のいくつかです。簡単に実践できるものばかりですので、ぜひ参考にしてください。

こまめなお部屋や排水口の掃除

お部屋や排水口の掃除は、ハエやコバエの発生を防ぐために非常に重要です。湿った場所はこれらの害虫にとって魅力的な場所となるため、清潔を保つことが対策の基本となります。

排水口のこまめな掃除や漂白剤の使用は、雑菌や臭いの発生を防ぎ、コバエや蚊やその他の害虫の繁殖を阻止する効果的な方法です。特に漂白剤や熱湯の使用は、殺菌効果があるため、衛生的な状態を維持できます。

これらの対策を定期的に行うことで、お部屋の清潔さを維持し、害虫の発生を最小限に抑えることができます。お部屋の清掃習慣は健康と快適な生活環境をサポートする重要な一環です。

侵入経路になりえる隙間を塞ぐ

コバエや蚊の侵入を防ぐために、隙間や網戸の選択に注意を払うのは重要です。以下はいくつかの対策です。

  • 目幅の細かい網戸の利用: 目幅0.84㎜の24メッシュ以上の網戸を使用することで、コバエや蚊の侵入を効果的に防ぐことができます。ただし、風通しや採光にも気を付けつつ適切なものを選ぶようにしましょう。
  • 換気扇やエアコンの排気口:虫の侵入を防ぐためには、玄関や窓を閉めるだけでなく、小さな隙間も塞ぐことが重要です。隙間テープで窓や玄関の隙間を埋めたり、換気扇や換気口にフィルターを設置したり、エアコンのホース穴にストッキングを被せることで効果的に虫の侵入を防げます。

これらの対策を組み合わせることで、ハエやコバエの侵入経路を効果的に封じ、快適な居住環境を維持できます。

玄関の出入りでコバエや蚊が侵入する

玄関の出入りでコバエや蚊が侵入する可能性があり、微細な床の隙間も懸念されます。防虫ネットなどの使用が重要です。清掃と衛生管理も欠かさず、これらの対策でコバエや蚊の侵入を最小限に抑えましょう。

電撃殺虫器 捕虫器 コバエ取り機 電気 蚊取り器

最後に

マンションの5階以上に住んでいるにもかかわらず、コバエや蚊が発生する原因は、通気や排水の問題が関与している可能性があります。

排水管や通気口に不備がある場合、上下階からも害虫が侵入することがあり、隣接する住戸や共用部分の清潔状態も影響を与えます。したがって、マンション全体での衛生管理が大切、必要に応じて管理組合や管理会社に報告し、共同で解決策を検討することが重要です。

この記事を書いた人
てつ

➤こんにちは「てつ」と申します。
➤神奈川県在住
➤職業 運転手
長年運転手を続けているのですが、最近では交通事情や環境問題について深い関心を持つようになり、自分ができることを考えながら、日々の運転に取り組んでいます。
近年では環境問題に配慮した車両や燃料の使用も求められており、運転手は省エネやエコドライブなどの取り組みが重要です。
➤このブログでは気になった事や、さまざまな経験を元に記事を作成し紹介しています。

お役立ち
タイトルとURLをコピーしました